新着情報

2021/11/07 15:04


「 海藻(かいそう)の力で元気に、たくましく!」

私たちの近くにある三陸の海は、山からの栄養が流れ込み、私達にたくさんの海の恵みを与えてくれています。色々な種類の魚が集まるだけではなく、養殖(ようしょく)している海苔(のり)やわかめ、昆布(こんぶ)はもちろんですが、他にも天然の ふのり、ひじき、まつも等たくさんの海藻(かいそう)がその恵みを受けて育っています。

海にかこまれた日本は、縄文(じょうもん)、弥生時代(やよいじだい)から貴重(きちょう)な食糧(しょくりょう)として海藻(かいそう)を食べていた歴史があり、その海藻(かいそう)を地元の漁師(りょうし)さんが丁寧(ていねい)に手でつみ取り、私達は、食べることができています。

気候変動(きこうへんどう)など、色々な理由で海の環境が変わり海藻(かいそう)がとれなくなる状況になってきていますが、食べなくなることで採らなくなることも心配です。藻場(もば)の再生も大事ですが、少しずつでも食べ続けてつないでいくことが私達にできる大切なことです。

コロナ禍(か)の現在は、私達に免疫力(めんえきりょく)、抵抗力(ていこうりょく)を持った身体を作ることが大切だといっているように思います。その健康な身体作りはサプリメントに頼るのではなく、日頃の食事から栄養をバランスよく体に取り込むことが大切で、そのひとつにミネラル豊富(ほうふ)で、地域のソウルフードとも言える海藻(かいそう)が気仙沼にはあるということを知ってもらいたいし、たくさん食べてほしいです。そして、こども達には、波にもまれながらもまっすぐに成長する海藻(かいそう)のように元気にたくましく育ってほしいと願っています。

海と日本プロジェクトについて


磯の香り本舗 小野徳
本社卸部
〒988-0822気仙沼市切通180-1
TEL:0226-23-7033   FAX:0226-24-4300

小売部
〒988-0085気仙沼市三日町1丁目2-15
TEL:0226-22-0482 FAX:0226-22-0482
E-mail:info@onotoku.com